トムとジェリー

 

 

  トムとジェリー

「トムとジェリー」は、アメリカで制作された7分間のショート・アニメーションで、劇場で長編映画の前や、その

映画と映画の合間のフィルムの掛け替え時間を埋めるためにニュースや予告編と共に上映されていました。

その後、このアニメーションは人気を博しシリーズ化されアカデミー賞を7回も受賞するヒット作品となりました。


トムとジェリーは、映画会社のMGMが1940年にアニメ参入にあたって、当時同社に属していたウィリアム・

ハンナとジョセフ・バーベラに制作を依頼したのがはじまりで、その後は年代によって制作者が異なります。

生みの親であるハンナ=バーベラ(1940〜1958)、ジーン・ダイッチ(1961〜1962)、チャック・ジョーン

(1963〜1967)で、キャラクターの表情や話の特徴も、その時代により個性が出ています。


当初
のアニメの内容は、ごく一般的な飼いネコのトムと、その家に住むネズミのジェリーがお手伝いさんのい

る大きなお屋敷の中をトムがジェリーを捕まえようとして、家の中を滅茶苦茶にしてしまうというのがメインでし

たが、話が進むにつれ次第にトムが人間的に振る舞う話や他の回とは異なる舞台設定で描かれる話に変化

して行きました。

しかし、永遠のライバルであり日々仲良くケンカしているトムとジェリーが笑いあり涙ありの騒動を展開してい

く事には変わりはないようです。


日本でのテレビ放映は、1964年5月〜1966年2月まで
TBS系列で放映され人気を博しました。その後、

「新トムとジェリー」など次々と作られ放映され、長い間人気は衰えず今でもその面白さは色褪せません。


 

戻 る
inserted by FC2 system