河童の三平

 

  河童の三平

「河童の三平」は「ゲゲゲの鬼太郎」に次ぐ水木しげるの代表作で、やはり始めは紙芝居として作られたもので、

その後、貸本出版社の兎月書房から1961年〜1962年「河童の三平」の刊行を開始し、そして月刊漫画雑誌

『ぼくら』に1966年1月号〜7月号まで、最初の部分を改作した「カッパの三平」を掲載。 『週刊少年サンデー』

には、新たな内容が追加された「河童の三平」を1968年〜1969年にかけて連載しました。

小学館の『小学一年生』には1993年〜1994年「カッパの三平」が新規オリジナル内容で掲載されています。


貸本版「河童の三平」: 第1話 河童の国、 第2話 水泳大会と死神、 第3話 父かえる、 第4話 カッパ泳法と

十人の小人、 第5話 大根畠の珍事、 第6話 魔女花子、 第7話 猫町奇談、 第8話 完結編。


その後、その漫画を原作として特撮テレビドラマやアニメーション映画が制作されています。


【内容】 長野県の山奥で暮らす三平少年は、顔がそっくりな河童のかん平と友達になり、親友の狸や命を狙う

死神などと色々な冒険をします。また 小人が出てきたり死神の友人のキツネや魔女の花子も登場しユーモラス

でユートピア願望が込められた物語です。


水木しげるの貸本時代の生活は裕福とは言えず、かなりの貧乏を経験しており、あまりの貧しさに、訪れた税務

署員は「こんなに収入が少ないワケがないでしょう?」と疑ったが、水木は質札の束を突きつけ「われわれの生

活が、キサマらにわかるか!」と怒って追い返したと云ういきさつが残っています。

その生活から開放されたのは、1966年に水木プロダクジョンを立ち上げてからで、初めてまともな雑誌連載の

原稿料が入るようになってからです。1966年から連載した「カッパの三平」(月刊ぼくら)や「ゲゲゲの鬼太郎」

(週刊少年マガジン)の連載が軌道に乗って、それまでの貧乏生活で質屋に入れていた物品は質札3p分にも

なっていたそうですが雑誌連載の原稿料ですべて返済し、質流れになることなく取り戻すことができたそうです。

ただ、最初に質屋に入れた背広は、10年経って変形していたので外につるして置いたら、ドロボウに盗まれて

しまったということです。


また、1966年から妖怪画の発表を始め、『日本妖怪大全』を経て、『水木しげる妖怪画集』を刊行。 その後も

「妖怪図鑑」類を多数執筆しており、1980年代には『水木しげるの妖怪事典 正・続』、『水木しげるの世界妖

怪事典』などを発表。1992年には『カラー版 妖怪画談』を刊行して話題となり、1998年からは,600点以上

の妖怪画を収録した『妖鬼化』シリーズを発刊しています。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より説明文一部抜粋)


上記掲載の「河童の三平」のめんこは、昭和30年代より新しいと思われますが、あえて「ゲゲゲの鬼太郎」の

続編コーナーとして掲載しました。

次に、水木しげるの“妖怪めんこ”も掲載しましたのでご覧下さい。

 

                   水木の妖怪

 

戻 る
inserted by FC2 system