ビッグX

 

  ビッグX

「ビッグX」は手塚治虫作・画による漫画作品で、集英社の月刊漫画雑誌「少年ブック」に1963年11月〜

1966年2月まで連載され大ヒットしました。


“ビッグX”とは、第二次世界大戦中にナチスのヒットラー総統の命により、不死身の兵士を生み出すべく、

日本の科学者・朝雲博士とナチスドイツが共同で開発した薬品で、生物の体を鋼鉄のような硬さに変化さ

せ巨大化できるというものです。朝雲博士はこの薬品の軍事利用を恐れ、息子へその秘密を託し亡くなり

ます。そして戦後、その薬品を受け継いだ孫の少年・朝雲 昭が、それを使って世界征服をたくらむ秘密結

社ナチス同盟に戦いを挑みます。ビッグXは、液体状の薬品で注射針を内蔵した特殊なシャープペンシル

に仕込んであり、そして、その分量を目盛りに合わせて変えながら注射することで、肉体を強化したり巨大

化したりと、その効果を調節できます。そうして、この薬品により鋼鉄の体を持った少年・昭が果敢に悪との

戦いに挑むというスーパーヒーローアクションです。


また、テレビでは東京ムービー社による制作で1964年8月〜1965年9月まで TBS系列局で放映され

ました。手塚治虫テレビアニメとしては初めて手塚と直接関わりの無い外部のプロダクションの元請によっ

て制作された作品です。東京ムービーはテレビアニメ「ビッグX」を制作するため設立された会社で、同時期

の虫プロ版鉄腕アトム等と比べてもかなり作品は劣っており、当時の大人達は、このアニメ版のビッグXを

「ビックリX」と茶化したのは有名な話として残っているようです。実際、当時の視聴可能な「ビッグX」の作品

を見ると動きがガタガタだったり、絵柄がシーンごとに異なっていたりと雑な制作だったようです。それでも、

主人公の朝雲 昭がビッグXとなり、敵をやっつけていく様は当時の子供達は大変熱中したようです。

尚、ビッグXは、「薬品の名称」であると共に、それにより「変身した主人公」の二通りの名前でもあります。


このアニメ制作が東京ムービーになった経緯ですが、TBSテレビはこの時すでにテレビアニメ「エイトマン」

を放映しており、この「エイトマン」を制作依頼していたTCJにテレビアニメ「ビッグX」も発注しようと考えまし

たが、この時、既にTCJはフジテレビの「鉄人28号」も抱えており週2本の制作で余力はなく、結局、別の

制作会社に発注するほか選択肢がありませんでした。そこで、苦肉の策として人形劇「伊賀の影丸」制作

のために設立された東京人形シネマの藤岡 豊に「人形を動かすのも絵を動かすのも同じだろう」という理

由で、アニメの制作プロダクション設立を促し、新会社「株式会社東京ムービー」が発足しました。


当初はテレビアニメ制作未経験のスタッフばかり集められたらしく、経営陣も人形劇団出身者で占められ

不慣れなアニメ制作となったようです。そして第一回作品「ビッグX」を制作するも、大赤字を出し経営危機

に陥り、倒産寸前となってしまった東京ムービーは、テレビ制作会社国際放映(旧、新東宝)の傘下となり、

経営再建を図ることになりました。東京ムービーの新社長には国際放映の阿部鹿三が就任し、創業者の

藤岡は取締役制作部長に降格しました。

1965年12月、藤岡は、東映動画で契約社員として作画監督をしていた楠部大吉郎に声をかけ、楠部が

代表者となって有限会社エイプロダクション(現、シンエイ動画)を設立。そして東映動画からアニメーター

4名を招き入れることに成功しました。これは「ビッグX」での経験から制作体制の整備が最重要との考え

からでした。東京ムービーとエイプロダクションは業務提携(資本提携なし)の形をとり、東京ムービーは企

画・管理を担当し、作画・撮影など実制作をエイプロダクションに委託する体制をとりました。以後「オバケ

のQ太郎」「巨人の星」「アタックNO1」などのヒット作を飛ばし、1971年に東京ムービーは国際放映から

独立し、藤岡が社長に返り咲きました。


「ビッグX」については、後日、手塚治虫漫画全集「ビッグX」第4巻の手塚自身のあとがきで「ヒットはしまし

たが、ぼくとしてはあまり好きな作品ではありません。やたらと正義の味方ぶるからです」と、この作品には

あまり思い入れがなかったようで、手塚はテレビアニメ化に対しても消極的だったようにも思えます。

(掲載文、TezukaOsamu.net 他より一部抜粋)


 

戻 る
inserted by FC2 system