ヒマラヤ天兵

 

 ヒマラヤ天兵

「ヒマラヤ天兵」は棚下照生の漫画作品で、月刊漫画雑誌「おもしろブック」(少年ブック)に1959年1月〜

1960年6月まで連載され人気を博しテレビ化されました。

テレビでの「ヒマラヤ天兵」は同じ棚下照生の原作で1959年8月〜1960年9月までの間、全58回TBS

で放映されました。主演は、松本松之助(三代目、市山松翁)で18才のときの作品です。

松本松之助は高校卒業後、先代松本幸四郎師(八代目)に部屋子として入門し歌舞伎修行に入り1959

年9月、明治座に於いて六世家元を襲名しました。


このテレビ時代劇「ヒマラヤ天兵」に三田佳子も共演しており、三田佳子のテレビデビュー作ともなっており

松本松之助と同じ18才での出演でした。

三田佳子はこのテレビ作品の出演で演技力を買われ、1960年高校卒業と同時に東映に入社。同年5月

「殺られてたまるか」で梅宮辰夫と共演し女優デビュー、同年10月までの僅か5ヶ月間のあいだに梅宮辰

夫との共演7作品が劇場公開されました。三田佳子は最初から主役級として起用され、看板スターとして

活躍しました。東映時代は、佐久間良子と常にライバル視され、その後1967年に東映を退社しフリーに

なり、映画のみならず、テレビや舞台で幅広く活躍することになります。

このテレビ時代劇「ヒマラヤ天兵」は三田佳子にとっては女優になるきっかけの作品でした。


また、原作者の棚下照生は、この「ヒマラヤ天兵」作品発表の8年後の30歳のとき、代表作ともなる「めく

らのお市」(芳文社)が生まれ、なんと10年も連載が続きました。この「めくらのお市」シリーズは松山容子

主演で映画やテレビになり、この出演が縁となり松山容子は棚下照生と結婚しました。


棚下照生氏は平成15年に肝硬変で死去されましたが、幸せな結婚生活だったようです。松山容子の後

日談で「今はまったく女優としての活動はしておりません。一番最近の仕事ですか? もう9年前になりま

すか、三越劇場であった西川きよしさんの息子さん主演のミュージカルに、観音様の役で出させていただ

きました。それを主人の棚下照生がこっそり見に来て、どこかの記者の方に“家内はトシをとっても華が

あるし、座っただけで幽鬼漂う芝居ができる”といったらしいですの。それを聞いてうれしくなり、また機会

があったら、と思っているうちに21世紀になってしまいました」また、棚下照生氏と結婚したことについて

は「主人は16歳のときに九州から単身上京し、戦災で焼けた公衆トイレをねぐらにしながら、独力で漫画

を勉強し、劇画家として売れっ子になった苦労人です。私とは育ちも考え方もまるで違っていましたが、人

間的にとても温かみがあり、魅力的でした。結婚後、主人が“僕が彼女を口説いたんじゃない。僕が彼女

に口説かれて一緒になったんだ”ってしばしば口にしましてね。多くの方は冗談だと受け取ったようです。

でも、それは本当の話。私はすっかり主人に魅了され、魂を奪われてしまったんです」(ゲンダイネット平成

17年1月4日・5日掲載より抜粋)いい話ですね。なお、棚下照生氏の座右の銘は、「やっただけしか神様

は手助けしてくれない」との言葉でした、正に松山容子がいうような人だったのですね。(敬称略。松山容子

関連:「変幻三日月丸」「天馬天平」めんこコーナー)

 

戻 る
inserted by FC2 system