少年事件記者

 

 

 

  少年事件記者

「少年事件記者」は原作・沢村 毅、絵・石川球太による漫画で月刊漫画雑誌「冒険王」に1960年10月号〜

1961年2月号まで連載され、同時にテレビでも原作・沢村 毅、脚本・竹内勇太郎でドラマの「少年事件記者」

が1960年9月〜1961年1月まで全20話がNTV(日本テレビ)で放映されました。 〔提供:ハウスカレー〕

尚、掲載めんこ裏面には石川球太の漫画の絵が印刷されています。(上記裏面参照)


テレビドラマ出演者 : 梅若正二、松井 巖、大和田 豪、泉 正、他

配役の詳細は不明ですが、当時の「少年事件記者」テレビドラマ台本には梅若正二の名前があり、掲載めんこ

に写っているように当時24才で役柄は探偵役か刑事役と思われ、少年達の良き相談相手で共に事件を推理

し協力し合って解決して行く筋書きのようです。

( 詳細不明です、ご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡お願い致します。 管理人 ぐりんぴーす7 )


梅若正二は、1958年3月大映の「赤胴鈴之助」の映画降板後、1959年1月「天竜の鴉」(主演・勝新太郎)

に出演したのを最後に大映を退社し新東宝に移籍。1960年4月「殺されるのは御免だ」に主演するも翌年の

1961年8月に新東宝が倒産。1962年大蔵映画に移り主演「海女の怪真珠」1作、「社長と女秘書 全国民謡

歌合戦」「怪談異人幽霊」の2作品に出演後、1964年3月国映の「肉体の手形」出演を最後に芸能界から去

って行きました。


このテレビドラマ「少年事件記者」は新東宝に在籍していた時期ですが、この時はすでに新東宝は業績悪化し

経営状態苦しく新作の映画発表などには、もう手が回らない状態だったようです。梅若正二には“赤胴鈴之助”

での知名度がまだありテレビドラマの出演となったようです。また、NHKテレビの人気番組「ジェスチャー」など

にも宇津井 健らと共に梅若正二はゲスト出演しています。(1960年7月5日ゲストとして出演)


漫画での「少年事件記者」は石川球太の他に、1960年小学館の「小学五年生」3月号別冊付録に三町半左

(さんちょう はんざ)の漫画でも掲載されています。

 

戻 る
inserted by FC2 system