ナショナルキッド

 

 ナショナルキッド

東映が特撮に意欲を燃やして製作したテレビ初のSFヒーロー作品で、1960年8月〜1961年4月まで、N

ETテレビ(現 テレビ朝日)が第1部から第4部の全39回を放映しました。

当時のテレビ作品としては、めずらしい合成に力をいれ、製作費用も当時一般的に安く仕上げた時代にスポ

ンサーの松下電器は高額な製作費をキッドの飛行シーンや円盤など本格的合成特撮にあてたと言われ、ハ

イレベルな作品に仕上がっています。


主演は、第1部、第2部の旗 竜作・ナショナルキッドを小嶋一郎が、第3部、第4部を巽秀太郎が演じており、

また、小畑尚子役として太地喜和子(当時は志村妙子)が全4部に出演しています。上記掲載メンコ4枚には

、当時の若々しい高校2年生の太地喜和子が写っています。(「ナショナルキッド」の後番組は「少年ケニヤ」)


出演、小嶋一郎、巽秀太郎、志村妙子(太地喜和子)、斎藤紫香、福島 卓、木村英世、清水 徹、岡田みど

り、原 一夫、亀井 明、河合絃司、岩上 瑛、山口 勇、本間千代子、八名信夫、林  宏、室田日出男、南

川 直、高石義明、北山達也、牧野狂介、小金井秀春、大野広高、秋月 竜、笠原 昇、渡辺淳二、曙 三四

郎、佐藤利夫、小森甲二、片山 滉、松山浩二、阿久津克子、潮 健児、久保春ニ、清水 徹、他。


ナショナルキッドは、アンドロメダ星雲から地球の平和を守るためにやってきた正義の宇宙人で、自由に飛行

でき、壁などの障害物もすり抜け、深海も潜れ、身体は弾丸をもはね返すことができるという超人的能力を持

っています。普段は旗 竜作という青年科学者ですが、地球の危機に直面するとナショナルキッドに変身し、エ

ロルヤ光線銃を使って敵をやっつけ大活躍します。


漫画でも、喜瀬川実や宮川一郎、海野十三の原作で一峰大二・画により1960年7月〜1961年12月まで

月刊漫画雑誌「ぼくら」に連載され、また講談社から漫画単行本として第1巻〜第3巻まで出版されました。

また、一峰大二はそれまでに七色仮面(ぼくら)や白馬童子(冒険王)などの漫画も手掛けています。

 

戻 る
inserted by FC2 system