アラーの使者

 

 アラーの使者

「七色仮面」の後番組として、1960年7月〜1960年12月まで、全26回モノクロで現テレビ朝日が放映しま

した。 原作は「月光仮面」や「七色仮面」の川内康範、主演は「新七色仮面」の千葉真一を引き続き起用。


出演、鳴海五郎(アラーの使者)/千葉真一、上田博士/小塚十紀雄、山村博士/有馬新二、上田睦子/

桜井悦子、タラマン/松山浩二、伊集院/大前鈞、トンガレー/大久保達也、ココナツ殿下(カバヤン王国王

族)/金子昭雄、マミイ(ココナツ殿下の妹)/一条由美、ツバターン(カバヤン王国中尉)/滝沢昭、他。


カバヤン王国の秘宝をめぐって、4枚の地図に記された財宝の在処を、王位継承者のココナツ殿下とその妹

マミイが探しているが、同じく財宝を狙う紅蜥蜴団との攻防に正義の味方の鳴海五郎ふんするアラーの使者

が活躍する冒険活劇。


“カバヤン王国”はスポンサーが「カバヤ食品」であり、“ココナツ殿下”は「カバヤココナツキャラメル」から、ま

た、“マミイ”もカバヤ食品の小さい子供向けの「マミービスケット」の商品名から付けられた名前で、当時はこ

のようなネーミングがよくあり、おおらかな良き時代でした。


漫画では、川内康範・原作、九里一平・画による「アラーの使者」が月刊漫画雑誌「冒険王」に第一部“恐怖の

紅とかげ”1959年8月号〜10月号(秋の増刊号含む)、第二部“死神博士”1960年11月号〜1961年

月号までの二部作編集で連載されています。

番外編では、「冒険王」と同じ出版社・秋田書店の月刊少女雑誌「ひとみ」に、川内康範・原作、水野英子・画

の「アラーの使者」が1960年8月号〜11月号に掲載されています。

この水野英子は女性少女漫画家の先駆者と言われ、トキワ荘に住んだこともあり女性版手塚治虫と呼ばれ、

その後の女性漫画家の多くが、水野の作品に大きな影響を受けたと言われています。

また、今では少女漫画の多くが「瞳に星をきらめかせる」手法があたり前のように描かれていますが、こうした

表現を完成させたのは水野英子で、この「アラーの使者」でも“瞳がきらめいて”主人公が描かれています。

 

戻 る
inserted by FC2 system