とんま天狗

 

 とんま天狗

「とんま天狗」は喜劇作家の花登 筐(はなと こばこ)が、鞍馬天狗をモチーフにしたパロディ作品です。

「番頭はんと丁稚どん」で人気を得た大村崑を主役に迎え、劇場公開生放送で1959年9月〜1960年12

月までのあいだ全69回読売テレビで放送されました。


大阪の毎日放送の開局が1959年3月1日で、その1週間後に「番頭はんと丁稚どん」が始まりました。

作者は後に「細うで繁盛記」などの人気ドラマを書いた花登 筐で、主演の番頭役は芦屋雁之助、丁稚役が

大村崑、茶川一郎、芦屋小雁でした。舞台は大阪の船場の薬屋で、しつけに厳しい番頭が丁稚たちをいび

り、中でもドジな崑松役の大村がいびられ、そのたびに「崑ちゃんが可哀想」という同情の投書が増え、人気

が集中し、それまでは、大阪梅田の映画館「北野劇場」の幕間コントの演者に過ぎなかった大村崑はこの番

組出演で一躍人気者となりました。


読売テレビが「番頭はんと丁稚どん」より半年遅れて、大村崑主演の新たなコメディーを制作したのが「とん

ま天狗」で、大村崑演じる、とんま天狗は名前の通り“とんま”で驚くとメガネがずり落ちるが、頭巾をかぶり、

左手だけの抜刀は非常に格好良く、剣の腕は必殺技を使いなかなかのもので、敵役の珍選組に芦屋小雁扮

する近藤勇三(今度、言うぞ)がいるが腕も弱けりゃ、オツムも弱い。「とんま天狗、御用だ」と幼児語で騒ぎ立

てては天狗に斬られる。その部下土方大三を雁之助が演じ、ともに毎回とんま天狗に斬られてしまうが、決し

て死なないので、とんま天狗は安心して彼らを斬り捨てることができる。

当時はCMも生放送で、大村崑自身が番組中にスポンサーの大塚製薬のオロナイン軟膏を「姓は尾呂内、

名は楠公」と紹介したのが受けて、大いに流行りました。また、この「とんま天狗」の主演により“崑ちゃん”人

気は不動のものとなりました。

 

戻 る
inserted by FC2 system