快傑黒頭巾

 

 快傑黒頭巾

東映製作映画の大友柳太朗主演による快傑黒頭巾シリーズは1953年の第1作から1960年の第9作まで

製作され劇場上映されました。幕末の動乱期を舞台に、倒幕派の黒頭巾が幕府の目付や新撰組を相手に、

手に汗握るアクションを魅せてくれます。

1作目〜6作目まではモノクロ作品で、7作目以降の3本がカラー作品(当時は総天然色)となっています。


また、映画と同じ高垣眸原作でテレビ製作された「快傑黒頭巾」は1958年9月〜1960年4月まで全84回

日本テレビで放映されました。主役の山鹿弦一郎役(快傑黒頭巾)は若柳敏三郎が演じましたが、1959年

9月7日放送分からは外山高士に交代しています。


出演、山鹿弦一郎(快傑黒頭巾)/若柳敏三郎・外山高士、赤鬼/武藤英司、三太/久野四郎、むらさき屋

のおやじ/奈良真養、お京/山田美奈子、その他出演者、松浦浪路、市川恵美、住田知仁(風間杜夫)、磯

部堯太郎、多摩桂子、金井 修、青木義朗、夏川大二郎、根本嘉也、大友 純、高田 稔、魚住純子、天津 

敏、竜崎一郎、黒沢 良、大久保正信、小沢咲子、近衛敏明、小峰千代子、矢代京子、木賀英次、絵島五十

鈴、松本染升、富田耕三、大宮悌二、田中志幸、田島辰夫、三原悠子、河野 弘、松島トモ子、高木 清、飯

田蝶子、坂本 武、牟田悌三、玉村駿太郎、北島一雄、桂 京子、森 良介、嵐 寛童、他。


勤皇にくみし幕府の目を逃れ、ある時は大道易者となり神出鬼没で敢然と戦う正義の士黒頭巾の正体は誰

も知らないという家族向け時代劇となっています。


掲載の角メンコはテレビ製作の「快傑黒頭巾」で、大友柳太朗主演映画の角メンコは「快傑黒頭巾」としては

作られなかったようですが、丸メンコでは大友柳太朗の黒頭巾のメンコがあり人口着色で白や青、緑の頭巾

姿となって写っています。(丸めんこコーナーの「時代劇俳優」参照)

映画の「快傑黒頭巾」に松島トモ子が友之助役として出演しておりますが、テレビでは役柄を変えて出演(掲

載角メンコ参照)しており、また、児童劇団「東童」に所属していた風間杜夫が子役で出演しています。


尚、「快傑黒頭巾」の快傑は正しくは怪傑で、国語辞典では「非常にすぐれた力を持つ不思議な人物」とあり

快傑と付けた背景には、原作者である高垣眸が、“怪”には正義を表す意味を持っていなかったので、明るく

生き生きしている意味合いの“快”を使ったと云われています。以降「快傑黒頭巾」が大ヒットしたため「快傑

ハリマオ」など“快”が使われるようになりました。

 

戻 る
inserted by FC2 system