少年ケニヤ

 

 少年ケニヤ

「少年ケニヤ」は、1949年(昭和24年)から4年間、産経新聞に連載され、当時の子供たちに絶大な人気

を得た山川惣治による絵物語を原作として、東映テレビプロダクションの製作により1961年5月〜1962

年2月まで第1部〜第4部の全41回がNETテレビ(テレビ朝日)で放映されました。(提供は松下電器)


かつてある独立プロがテレビ映画に企画したこともあったそうですが、何しろアフリカを舞台にしたスケール

の大きい内容のものなので、途中で投げ出したと云ういわくつきのもの。東映では1961年4月末までNET

テレビで放送していた「ナショナルキッド」の後番組として、当時としては国産テレビ映画では記録破りの贅

沢な製作費用(従来の約2倍)をかけて撮影したそうです。

またアフリカの感じを出すため、現地撮影の実写フィルムをふんだんに用意し、画面構成のためわざわざ

特殊装置を新調したほどで、作品は従来にない素晴らしい出来栄えとなっています。


主役の少年ケニヤこと村上ワタル役は、一般公募1,800人の中から中学二年生の山川ワタルが選ばれ、

ケープタウンのダイヤ王の金髪娘ケート役には元日活女優日暮里子のひとり娘で中学3年生の関みどり

が登用されました。関みどりは幼稚園のとき劇団東童に入り12才の小学6年生のときには「少年ジェット」

に出演していたようです。この「少年ケニヤ」の美少女ケイト(アメメ姫)は人気高く、当時の少年達の憧れ

の的で主役よりもケイトが出てくるのを心待ちにしていたようです。

また、谷隼人が中学3年生の夏休みにタリタリ小僧役で出演しています。この時はまだ本名の「岩谷肇」で

出ており初出演でしたが、芸能界入りするのは高校2年生のときで日活のニューフェースに合格してからで

した。(掲載めんこには残念ながら谷隼人「岩谷肇」が写ってる物はありません)

前作のナショナルキッドではキッド役を演じた巽秀太郎がミスターXとアッサム探偵役で出ています。(最下

段めんこ左2枚参照)

真理アンヌも中学1年生で女官・ブード役として出ていました。真理アンヌの女優デビューは高校に入って

からで映画やテレビ、雑誌のグラビアなどに出演し、22才の時には「11PM」で5年間(27才まで)レギュラ

ー・ホステスとして活躍しました。

最下段めんこ右2枚には真理アンヌ(とても13才とは思えませんね)と右端めんこに、その妹2人が写って

いるようです。真理アンヌは三姉妹の長女でインド人の父と日本人の母の間に生まれました。


出演:村上ワタル/山川ワタル、ケート(予言者)・アメメ姫/関みどり、ゼガ(マサイ族元酋長)/岩城力也

、グレ・タブール・アーレン/早木史郎、ザッケン(三魔神)・ハッサン/高原秀麿、村上大介博士(ワタルの

父)/中山昭二、ロンダ(マサイ族の少女)/森るみ子、ガルゴ(三魔神)/山口勇、オンドン(三魔神)/打

越正八、センゲ(マサイ族酋長)/三島良二、ロメ(センゲの腹心)/秋山敏、マサイ族/大久保達也、岡嶋

泰次郎、伊藤重利、アッサム探偵・ミスターX/巽秀太郎、アリ/石森武雄、ヤルスン/志摩栄、トスネ/赤

尾静子、エンマ/萩京子、タリタリ/岩谷肇[谷隼人]、女官・ブード/デヴィ・シェス[真理アンヌ]、ショショ

/八代健二、チョウ/豊野弥八郎、チョウの配下/上田有嗣、野村幸、桑原菊水、バジャー王/三木宏祐

、ポンコ/藤江リカ、村上博士夫人/風見章子、他。


物語の舞台は、まだアフリカが西欧列強の植民地だった頃のケニア。日本人のワタル少年は、父の村上

博士とともにウラニウム鉱調査のためケニヤの奥地を調査中、密猟業者に飛行機を撃墜され、父と離れ

離れになってしまいます。しかし、一人になったワタルは、その地で少年ケニヤとなりマサイ族の大酋長ゼ

ガを危難から救い、悪い呪術師に利用されていた金髪の美少女ケートを助け出します。

そうして出会った酋長ゼガや少女ケートらとともに、父との再会を求めながらケニヤのうっそうとした密林や

広大な原野を駆け巡り、彼が出あう原住民、猛獣、悪人たちと繰り広げるワタルたちの冒険活劇です。


また、漫画では、同じく山川惣治原作で石川球太・画により小学館の「週刊少年サンデー」に1961年14号

〜1962年14号まで連載されました。

山川惣治は、川崎のぼるの劇画「荒野の少年イサム」の原作者でもあります。


掲載文は
MUSASHI's Nostalgic Museumを参考にさせて頂きました、これほど詳しいホームページは見たこ

とがありません。是非ご覧下さいオススメです。


           

戻 る
inserted by FC2 system