少年ジェット

 

 少年ジェット

「赤胴鈴之助」の原作者と同じ、武内つなよしの原作で月刊漫画雑誌「ぼくら」に連載され、テレビでは

1959年3月〜1960年9月まで全83回、フジテレビ系で(モノクロ)放映されました。

「少年ジェット」の主演は、第1回〜65回までが中島裕史で、第66回〜83回は土屋 健となってます。

テレビ放送は、かなりの人気で続編として1961年7月〜1962年4月に「新・少年ジェット」を放映。


出演、少年ジェット(初代)/中島裕史、少年ジェット(二代目)/土屋 健、怪盗ブラックデビル/高田

宗彦、レッドベア/大川 修、ハリケーン博士/浜田喜博、藤川静子/水木麗子、頓田紋太/中田勉

、荒川課長/原田 該、カンナ/和泉雅子、その他出演者、松永 環、矢木沢 敏、河原侃二、他。


少年ジェットこと北村 健は、名探偵・舟越 宏の助手で少年探偵。愛犬シェーンを従えて愛車のスクー

ター「ラビット号」に乗り、宿敵・怪盗ブラックデビルやレッドベア、ハリケーン博士などの悪人と闘い、警

視庁の荒川課長に協力して難事件を解決して行きます。

少年ジェットの必殺技は、ミラクルボイスで「ウー、ヤー、ター」と叫ぶだけで大地が揺れ大木も真っ二つ

に裂けるほどの威力があり、もう一つの武器はスーパーコルトと云う拳銃で、光線を発し当たるとシビレ

させて敵の拳銃などを打ち落としてしまいます。

対する怪盗ブラックデビルはマントを羽織った怪人で、武器となるステッキを空に向けて掲げると突然

稲妻が走り天地が揺れ始め、誰もが気を失ってしまい、レッドベアは剣の達人であり、ハリケーン博士

は「ハリケーン」と叫ぶと画面が回転するという技を使うもので、これらのキャストに交じってカンナ役で

和泉雅子も出演しており、掲載したメンコには少女時代の初々しい和泉雅子の姿も写っています。

           

戻 る
inserted by FC2 system