シンドバッドの冒険

 

 シンドバッドの冒険

「シンドバットの冒険」は、手塚治虫と小説家の北杜夫が脚本を務めた東映動画スタジオ制作による劇場用

長編アニメーション映画第5作目のカラーワイド版作品で1962年7月に劇場公開され、海外では「第1回リ

ミニ国際動画映画祭、金のシジュモンド賞(グランプリ)」「ベニス第14回国際児童教育映画祭、青銅賞」「ベ

ニス国際映画祭児童映画部門、聖マルコ獅子賞(グランプリ)」を受賞しました。


物語は、冒険を夢見るシンドバッドと、シンドバッドを慕う孤児のアリー少年は輸送船ボルダー号に密航して

いたが、船長に気に入られて、正式な船乗りにしてもらう。そんな時、美しいサミール姫が悪大臣の求婚から

逃れるため、船に飛び込んでくる。そして、サミール姫を守るシンドバッドの大活躍がはじまってゆくこととなり

ます。ダイヤを守る怪鳥との壮絶な戦いなど、原典の印象的なエピソードを縦横にちりばめながら、波瀾万

丈の活劇が展開されて行きます。


この「シンドバットの冒険」の中で、シンドバッドを慕う孤児のアリー(準主役)の声を担当しているのが黒柳

徹子です。黒柳徹子は東京音楽大学声楽科を卒業したのち、慶應義塾大学文学部を中退してNHKのテレビ

女優第一号の一人として1953年に入社。9年後のこの時には、すでに声優・女優・司会者として活躍して

いました。

この年の活動は、「魔法のじゅうたん」司会者(NHK)、ドラマ「若い季節」黒金徹子役(NHK)、映画「ちんじゃ

ら物語」(松竹京都)、人形劇「チロリン村とくるみの木」ピーナッツのピー子役(NHK)、ラジオドラマ「一丁目

一番地」サエコさん役(NHKラジオ第1)、「ブーフーウー」ウー役(NHK)、そしてこの「シンドバットの冒険」の

声優でアリー役とマルチタレントのような活躍しています、当時28歳の時でした。


ちなみに、今では、あたりまえになってますが、子供の声として大人の女性が起用されたのは、ラジオドラマ

「ヤン坊ニン坊トン坊」1954年4月〜1957年3月放送(NHKラジオ第1)で、共演の横山道代(ヤン坊役)、

里見京子(ニン坊役)とともに、黒柳徹子(トン坊役)が行ったのが日本で最初だったそうです。そしてこれが

黒柳徹子の初の主演番組でもありました。


(matsuoさんからの投稿角めんこ7枚含む、詳細は履歴参照)

戻 る
inserted by FC2 system