怪人二十面相

 

 怪人二十面相             

怪人二十面相の始まりは、江戸川乱歩が少年向け探偵小説として“少年ルパンもの”を狙って「怪人二十

面相」を1936年(昭和11年)1月〜12月にかけて「少年倶楽部」誌に連載しました。

当初、乱歩は怪盗ルパンのように「怪盗二十面相」という名前にするつもりでしたが、当時の児童向け作品

の倫理規定により「盗む」という字を使うのはよくないとされ「怪人二十面相」という名前にしたそうです。

怪人二十面相はその後『少年探偵団』、『サーカスの怪人』など合計で31の作品に登場しました。


映画は、松竹が若杉英二主演で「怪人二十面相 第1部 人か魔か?」、「怪人二十面相 第2部 巨人対

怪人」、「怪人二十面相 第3部 怪盗粉砕」の3部作を1954年12月8日・15日・22日に続けて劇場公開

しました。(3部で1話完結) 

また、同松竹製作若杉英二主演で「青銅の魔人 第1部」、「青銅の魔人 第2部 謎の夜光時計」、「青銅

の魔人 第3部 恐怖の天守閣」、「青銅の魔人 完結篇 決闘獅子ヶ島」の4部作を1954年12月29日・

1955年1月3日・9日・15日に続けて劇場公開しています。(4部で1話完結)


当時は、テレビが一般に普及する前で、やっと民放が開設されたのが1953年8月日本テレビ(NTV)、19

55年4月東京放送(TBS)であり、その後1956年12月中部日本放送(CBC)・朝日放送(ABC)と続きま

すが、やはり娯楽の王様の座は映画であったため、短期間のあいだに次々と製作されました。

この頃は日本映画の黄金期であり、誰もが映画館に足を運んだという、映画にとっては良い時代だったこと

が背景にあります。


テレビでは、1958年11月〜1960年6月に「怪人二十面相」全81回が日本テレビで、1960年11月〜

1963年9月には「少年探偵団」全152回がフジテレビで放映されました。

漫画での「怪人二十面相」は月刊漫画雑誌「少年」に1959年1月から1960年4月まで連載され、最後に

二十面相が載った作品は同「少年」に1962年1月から12月にかけて連載された『超人ニコラ』です。


テレビ「怪人二十面相」の出演者、原田甲子郎、佐伯 徹、伊藤周子、桧 晋樹、井上千代子、石川絢子、

松村達雄、高田 稔、高島敏郎、田口 計、南風洋子、下条正巳、田中深雪、野々村 潔、江木俊夫、羽

鳥美恵、河村弘二、高島加与子、大宮 敏、武田正憲、嵯峨善兵、伊吹良輔、高木二朗、天路圭子、他。


二十面相は、変装の天才で自由自在に顔を変え、警察にとっても正体不明で、“二十面相”という名前であ

るが実際には二十以上の顔を持ち、その素顔を知っている者はほとんどいないという神出鬼没の大怪盗。

血を見るのが嫌いで殺人は決してしない。

彼は、大胆不敵に盗みを予告して富豪などから美術品や宝石など、美しくてめずらしい非常に高価な品物

を次々に盗み出し絶対に捕まらない。現金などにはあまり手を出さず、彼の目的は盗んだ美術品で自分だ

けのための盗品美術館を造る事である。

ライバルは名探偵明智小五郎ひきいる少年探偵団で知力と知力の戦いの物語です。

 

戻 る
inserted by FC2 system