小天狗小太郎

 

神州天馬侠

 

 小天狗小太郎

角田喜久雄の原作で、1960年3月〜1960年10月まで全35回、フジテレビで放映されました。

出演:小天狗小太郎/藤間城太郎(6代目、中村東蔵)、三平/千葉信男、その他出演者、岩下

志麻、若林敏三郎、鈴木蜜枝、浮田三郎、他


藤間城太郎は16才の時、新東宝製作による短編映画「神州天馬侠」で主役に抜擢され1954年

12月と1955年1月の2ヶ月間に「神州天馬侠」第1部〜第4部の4作品が劇場公開されました。

(最後部に写真めんこ1枚掲載)

「小天狗小太郎」は、それから6年後に廻ってきた主役の作品で22才の時のテレビ時代劇です。

それまで藤間城太郎は自分で劇団を作り舞台活動もしておりましたが、この「小天狗小太郎」終了

後の翌年、23才の時、すべてを投げ打って歌舞伎入りし、6代目中村歌右衛門の芸養子(戸籍を

除いて、養子として扱われる)となり歌舞伎一筋の役者となりました。


あらすじ、小天狗小太郎は月影流の使い手であり、小太郎の家来で太刀無双の三平とともに活躍

する少年向けテレビ時代劇で、かわせみの笛をめぐって魔人と対決します。


この作品に岩下志麻が出演しておりますが、岩下志麻のデビューは1958年のNHKテレビドラマ

「バス通り裏」で十朱幸代の友人(金子トキ子)役として高校在学中の17才で出演、素質を買われ

準レギュラーとしての配役でした。「小天狗小太郎」は、この2年後のまだ初期のテレビ作品です。

また、この年(1960年)には松竹に19才で入社し、木下恵介監督の映画「笛吹川」で岩下志麻は

映画デビューも果たしました。


漫画では、夢野凡天による「小天狗小太郎」が1955年に月刊漫画雑誌「おもしろブック」(少年ブッ

ク)に別冊連載されています。

 

戻 る
inserted by FC2 system