小林 旭

 

 小林 旭

1938年11月3日東京都世田谷で生まれ、本名も同じ小林 旭。幼少時に劇団東童に入団、1956年

高校卒業と同時に日活第三期ニューフェースに合格、同期には二谷英明がいます。

同年、映画「飢える魂」でデビュー、1959年公開の「南国土佐を後にして」が大ヒットし映画館には長蛇

の列ができ一躍脚光を浴びました。以降「ギターを持った渡り鳥」に始まる“渡り鳥”シリーズや“旋風児”

シリーズの主役で人気を博し映画は大ブームとなり、石原裕次郎や赤木圭一郎(第四期ニューフェース)

とともに日活黄金時代を築き上げ屋台骨を支えました。

身長180cm柔道5段と体格や運動神経にも恵まれ、映画の中のアクションは、すべてスタントマンなし

で自分でこなしたアクション映画の先駆者の一人で、また数々のヒット曲を出し、映画スターであると同時

に歌手としても活躍しました。

 

戻 る
inserted by FC2 system