西遊記

 

 西遊記 

アニメ「西遊記」の原案は、手塚治虫の「ぼくの孫悟空」です。「ぼくの孫悟空」は1952年2月〜1959年3月

まで月刊漫画雑誌「漫画王」にて長期連載され人気を集め、手塚治虫は同時期「ジャングル大帝」「サボテン

君」「アトム大使」ほか、数多くの連載を抱える人気作家となっていました。


「ぼくの孫悟空」の映画化ですが、キャラクターは映画用のオリジナルで手塚治虫は原作と構成のみを担当し

ているだけで、実際の絵作りにはまだ関わっていません。手塚治虫は物語のラストを孫悟空の恋人の死、と

いう悲劇的なものにしたいと考えていました。しかし制作した東映動画スタジオが考えていたのは、あくまでも

「子供たちを楽しませるため」の「ハッピーエンド」でした。映画はハッピーエンドとして完成し、そのことがここ

からはじまる手塚治虫の「アニメ作家」としての人生に「自分が表現したいことを表現するためには、自分の金

で作らなければ駄目だ」という教訓を与えたのかもしれません。この経験を生かし、のちに虫プロダクションを

設立し、1967年虫プロダクションにてTVアニメシリーズ「悟空の大冒険」がスタート。大人気作品「鉄腕アトム

」(1966年12月31日終了)の後番組(翌年1月7日開始)というだけでも、そのアニメ化に対する期待度がう

かがえます。しかし、この番組放映は、それほど人気を獲得できず9ヶ月で終了してしまいました。


さて、東映動画スタジオの長編アニメ映画第3作目「西遊記」ですが1960年8月劇場公開され人気を博し、

ベニス国際児童映画祭特別大賞を受賞し、日本で作られたアニメ映画として始めて輸出(アメリカ)されたの

がこの「西遊記」です。


あらすじは、
石の中から生まれた石猿、もちまえの勇敢さを発揮して猿のボスになった。が、何か物足りない。

この世の中には猿よりえらい人間というのがいるという。よし、それならというので一念発起、仙術の修業に出

た。首尾よく仙人に弟子入りして修業にはげみ極意書をさずけられて、孫悟空と名のる。

はるばる訪ねてきた幼なじみのリンリンに仙術の腕を見せたくて、天界をさわがせ、二郎真君に追われ、あげ

くのはては、お釈迦様によって五行山に封じ込められてしまう。

リンリンの運んでくれる木の実でわずかに露命をつなぐ悟空であったが、観音様のはからいで、天竺に経文を

とりに行く三蔵法師のお供をすることになった。途中、ブタの化け物猪八戒、人喰いの沙悟浄を降参させて供

に加え、一行は天竺へと砂漠を越えて旅を続ける。

火炎山まで来たとき、噴火が始まり一行は溶岩流にとりかこまれてしまった。このままでは危ない。この危機を

脱する方法は唯一つ、牛魔王の妻君ラセツ女が預かって持っている芭蕉扇を使うしかない。さっそく悟空と八

戒が出かけ、ラセツをだまして首尾よく手に入れるが、牛魔王の子分、小竜に奪われてしまった。小竜はほう

びが欲しかったのだ。

その間に、師匠の三蔵法師は牛魔王にさらわれてしまっていた。牛魔王は三蔵法師を食って、三千年の命を

得ようとしていたのである。その大宴会の場へ、悟空、八戒、沙悟浄の三人が乗り込んで大暴れ、悟空は牛魔

王と対決して、怒って牛の正体をあらわした牛魔王を火炎山の噴火口に屠(ほふ)った。

任務を果たした悟空は、リンリンの待つ水簾洞へと駆け戻る。(あらすじ、TOE I ANIMATIONより抜粋)

 

戻 る
inserted by FC2 system