電送人間

 

 電送人間

「電送人間」は東宝制作の映画で1960年4月に劇場公開されました。「美女と液体人間」「ガス人間第1号」と

並ぶ、東宝特撮「変身人間シリーズ」の一作で、監督は福田 純、特撮円谷英二。

人間を電送する映像シーンにはアニメーションの技術をもちいた手作業の合成テクニックが使われたそうです。


監督の福田 純は、1946年東宝に入社し、助監督を経て1959年「恐るべき火遊び」で監督デビュー。この

「電送人間」は第二作目の映画監督作品でした。

当時としては難度の高い作品で、二作目の監督作品としては、かなり思い切った挑戦だったと思われますが、

この作品がその後の監督福田 純の映画人生に幅を拡げることになったのかもしれません。


主演の鶴田浩二は、福田 純が助監督時代からの親友であり、彼の監督昇進祝いのつもりで出演したとの事

です、義理人情に厚い鶴田浩二らしいエピソードですね。鶴田浩二35才、福田 純37才の時でした。


福田 純の以降の映画監督作品は、青春映画の「若大将シリーズ」や特撮映画の「ゴジラシリーズ」などを始め

アクション映画やコメディ映画、またテレビドラマ「泣いてたまるか」「西遊記シリーズ」など多彩なジャンルに亘り

、監督として名声を博しました。


出演、桐岡勝(東都新報記者)/鶴田浩二、小林警部/平田昭彦、中条明子(日邦精機OL)/白川由美、中

本伍郎(須田兵長)/中丸忠雄、岡崎捜査主任/土屋嘉男、大西社長/河津清三郎、滝/堺左千夫、隆 昌

元/田島義文、三浦博士/村上冬樹、仁木博士/佐々木孝丸、丸根刑事/山本廉、本田次席/佐田 豊、

志村/松尾文人、源三/瀬良明、音吉/大村千吉、大野/中山豊、給仕/西條康彦、警視庁部長/向井淳

一郎、呼び込みの親父/沢村いき雄、多摩川園園長/土屋詩朗、海南貿易社員/天本英世・桐野洋雄・広瀬

正一、スリラーショウの客/児玉清・上村幸之・熊谷二良・記平佳枝、他。


遊園地でブローカーの塚本という男が銃剣で刺殺されるという事件が起こったが、犯人の姿は確認出来なかっ

た。第二の殺人は事件を追う桐岡記者の目の前で起こり、桐岡はさらに興味を深めていった。

桐岡は、軍隊時代に二人の被害者と同じ隊にいたという大西と滝を訪ねて、意外な事実を知った。終戦の時、

軍の科学者仁木博士とその研究書類の隠匿を命ぜられた大西、滝、隆、塚本の四人は、書類と偽って金塊を

隠したが、それに気づいた博士と護衛の須藤兵長を生き埋めにした。しかし一年後、二人の死体は金塊もろと

も消え失せていた。博士と須藤は今も生きており、殺人は須藤の復讐であると残った二人はさとった。桐岡は

物質転送を研究する仁木博士が、殺害された被害者と犯人須藤を繋ぐカギであることを知る・・・・・。 

この作品は、物質転送装置を使って復讐を繰り返す男を描いた怪奇スリラーです。

 

戻 る
inserted by FC2 system