小天狗霧太郎

 

 小天狗霧太郎

連続ラジオ放送劇「小天狗霧太郎」山下タメオ原作をラジオ東京が放送し子供に人気を博し、このラジオ放

送劇を東映の製作により映画化したもので、1958年8月20日に第1部「小天狗霧太郎」、同年8月27日に

第2部「小天狗霧太郎 完結篇」を続けて劇場公開しました。


出演、
大月霧太郎/伏見扇太郎、妹照姫/高島淳子、父左近/有馬宏治、金井隼人/浅野光男、百々之

助/南郷京之助、姉お幸/紙京子、和尚禅元/須藤健、チョン吉/宮崎照男、お春/円山英子、 諸井三

平/伊東亮英、横笛のお竜/松風利栄子、黒汐灘右衛門/瀬川路三郎、玄海の亀三/原健策、番頭熊八

/清川荘司、霧の仙人/矢奈木邦二郎、雪姫/若水美子、轟絃三郎/里見浩太郎、大蛇丸/吉田義男。


伏見扇太郎は1955年の東映「月笛日笛」で映画デビューし、この「小天狗霧太郎」はその3年後の22才の

時の作品ですが、デビューからわずか3年間に50作品の映画に出演し全盛期を謳歌し1960年まで続きま

すが、以降出演は伸び悩み1965年にはスクリーンから姿を消し1968年に結核となり俳優を廃業しました。

伏見扇太郎はあまり身体が丈夫ではなかったようで、1958年5月この「小天狗霧太郎」撮影中に倒れ伏見

扇太郎(角めんこ上段左2枚)に代わり、南郷京之助が霧太郎役(角めんこ2段目左2枚)を務めました。


この映画に里見浩太郎(横めんこの写真他)も出演しており、当時俳優デビュー2年目で21歳、この年「金獅

子紋ゆくところ」で初主演をはたし、同時にその主題歌「金獅子紋道中唄」で歌手デビューもしています。

(里見浩太郎、関連:「神州天馬侠」めんこコーナー)


あらすじ、霧ケ峰の主・霧の仙人の愛弟子である霧太郎は、その修行をついに耐え、預けてあった金の鈴を

受け取ると恩師に別れを告げて山を下りる。大蛇丸たちに襲われ行方不明になっている妹・照姫を探し出し、

姫の持つ銀の鈴と合わせて“まぼろし城”の秘宝を手に入れ、大月城の再興をはかるためである。

霧太郎は父の遺言に従い禅元和尚のもとを訪ね、財宝が平家再興の資金であることを知る。彼の鈴を狙う

ものに新しく黒衣の美女雪姫のひきいる黒姫党が加った。財宝を狙ってさらに襲いくる大蛇丸一味の妖術に、

轟絃三郎という謎の武士が助けに入り霧太郎に味方する。

霧の術を使う霧太郎が大月家再興のため、大蛇丸一味や黒姫党と闘う冒険時代活劇です。

 

戻 る
inserted by FC2 system