スーパージャイアンツ

 

 スーパージャイアンツ

新東宝が1957年〜1959年に製作した日本初の特撮スーパーヒーロー映画、シリーズは全6話9部構成で、

すべて劇場公開されました。この作品は特に舞台美術などに優れており屈指の傑作とも云われております。

主演は宇津井 健で、主人公の宇宙人スーパージャイアンツを9部通して演じました。(25〜27才当時)

監督は第1部から第6部までを石井輝男、第7部を三輪 彰、第8部と第9部を赤坂長義が監督しています。


第1部「鋼鉄の巨人」、第2部「続 鋼鉄の巨人」、第3部「怪星人の魔城」、第4部「地球滅亡寸前」、第5部「人

工衛生と人類の破滅」、第6部「宇宙艇と人工衛星の激突」、第7部「宇宙怪人出現」、第8部「悪魔の化身」、

第9部「毒蛾王国」

出演、宇津井 健、高田 稔、池内淳子、岩下 亮、中山昭二、高松政雄、山田美奈子、阿部 誠、三ツ矢歌

子、林 寛、池田輝久、館正三郎、中村 彰、大原譲二、明日香 実、瀬戸麗子、他。


アメリカABCテレビ映画「スーパーマン」(1953年〜1957年)が、日本で1956年にTBSでテレビ放映が始

まり、その翌年から製作されたのがこの「スーパージャイアンツ」シリーズで、アメリカの「スーパーマン」を意識

して作られたと思われますが、このシリーズの4作品はアメリカにも輸出され、「スターマン」としてテレビ放映さ

れました。


あらすじ、たびかさなる原水爆実験のため、その放射能が全国に広がりつつある地球。そのことを知った星の

世界は地球を除く宇宙の連邦会議により、原水爆実験を中止させるべく一人の宇宙人を平和の使者として地

球に送った。彼の名は、エメラルド彗星から派遣され正義の宇宙人スーパージャイアンツ。空中を自由に飛ぶ

ことができ、世界各国の言葉がわかる万能時計型装置を身に付けた彼の前に、ウラニウムを使って悪事を働

こうとするアトムAB団や、宇宙からの地球支配をもくろむ怪星人、そして人工衛星による人類滅亡を計画する

秘密国家が次々と立ちふさがる。スーパージャイアンツは、地球の平和を乱す悪に対して敢然と戦いを挑み、

悪事を働く者達を粉砕して行きます。彼の能力は、弾丸よりも速く、鋼鉄よりも強い体をもった正義の超人で

宇宙の平和のために戦うスーパーヒーローです。


漫画では、宮川一男の原作で吉田竜夫、一峰大二、横山まさみち、桑田次郎などの漫画家が「スーパージャイ

アンツ」をそれぞれ描いておりますが、その中でも吉田竜夫・画による「スーパージャイアンツ」は、月刊漫画雑

誌「ぼくら」に1958年〜1960年まで連載されました。


 

戻 る
inserted by FC2 system