つんころ大助

 

  つんころ大助

相撲通の原作者北条誠による力士の習慣や生活感情などを描いた少年ドラマで1960年1月〜1961年

8月までフジテレビで放映されました。「つんころ」とは、アイヌ語で「力持ち」を意味するそうです。


出演、長尾大助/根岸直彦、桜川親方/岡 譲司、部屋の出入り職人/益田喜頓、親方の娘/二本柳

敏恵、丘桜(相撲取り)/平凡太郎、山桜(相撲取り)/里井 茂、桜ヶ丘(相撲取り)/河野 彰、床山/

梅津 栄、お手伝いさん/牛込安子、呼び出し見習/ドン杉山、その他/直木みつ男、野沢雅子、水戸光

子、市川和子、中原郁江、若山セツ子、若宮忠三郎(若宮大祐)、小峰千代子、渡 真二、他。


相撲界に飛び込んだ少年の修行の毎日や、親方や女将さんの優しさを描いたスポーツドラマで、毎回、現

役の力士が特別出演し子供達の話題をさらいました。当時の子供達にとっては相撲人気は高く、遊びでも

相撲は欠かせない遊びの一つで、空き地や小学校の休み時間の校庭などで相撲をとっては遊んだもので

した。相撲人気は栃若時代から柏鵬時代が絶頂で、掲載めんこにも若乃花(上から5行目の左2番目に)、

柏戸(同4行目右から2番目)や、琴ヶ浜(5行目、右1・2番目)、明歩谷(3行目、右1・2番目)などの力士

が写っており、そのほか栃錦清隆、朝汐太郎、三根山、若三杉、宇田川、九重親方、東富士、宮城野親方

(吉葉山)などが特別出演しています。


このドラマに露木茂が出演していたと云う話があり、調べてみると、当時、露木茂は早稲田大学の学生で、

1963年にアナウンサーとしてフジテレビに入社しており「つんころ大助」のドラマもフジテレビ制作で、入社

まえのテレビ出演がフジテレビ入社に繋がったのかもしれませんが事実は定かではありません。


漫画では、ドラマと同じ北条誠の原作で三島みちひこ・画により月刊漫画雑誌「ぼくら」に1960年3月号〜

1961年9月号まで掲載(付録含む)されています。

 

戻 る
inserted by FC2 system