神州天馬侠

 

 神州天馬侠

原作は、吉川英治の少年小説で「少年倶楽部」に1925年4月〜1928年11月(大正14年5月号〜昭和3年

12月号)まで連載され絶大な人気を博し、3冊の単行本となりました。


この原作を基に映画化され、古くは1928年(昭和3年)マキノプロダクション製作による「神州天馬侠」(無声)

第1篇〜第4篇が作られ、その後1941年(昭和16年)本郷秀雄主演による「神州天馬侠 前・後篇」、1952

年(昭和27年)長谷部健主演「神州天馬侠」、1954年12月〜1955年1月藤間城太郎主演、短編映画「神

州天馬侠」第1部〜第四部、1958年9月10日「神州天馬侠」、同9月23日「神州天馬侠 完結篇」里見浩太

郎主演が作られました。 (藤間城太郎、関連:「小天狗小太郎」めんこコーナー)


内容は、織田・徳川連合軍に倒された武田勝頼の次男、武田伊那丸が忠臣たちと御家再興のために戦う冒

険物語です。武田氏が滅ぼされたとき、少年伊那丸はかろうじて難をのがれました。物語が進むにつれ、伊

那丸に付き従う者たちが集結してきます。力自慢の加賀見忍剣、戒刀をふるう木隠龍太郎、山大名の娘で胡

蝶の陣をあやつる美少女・咲耶子(さくやこ)、槍つかいの巽小文治(たつみこぶんじ)、弓の名手・山県蔦之助

(やまがたつたのすけ)、軍師・小幡民部、大鷲に乗る少年・竹童らです。対する敵は武田家の重臣でありなが

ら敵に通じた穴山梅雪、咲耶子の父の仇で盗賊(妖術を操る怪人)の和田呂宋兵衛。これらに交じって歴史

上の有名人が登場します。秀吉は、伊那丸に好意的な立場であり、家康は、伊那丸の敵です。このように物

語のフィクションに歴史上の人物が織りこまれ、多彩な登場人物と入り組んだ筋書きで古さは感じられず、少

年小説でありながら、大人も楽しめる娯楽時代劇作品に仕上がっています。


掲載めんこの「神州天馬侠」は、最後に映画化された里見浩太郎主演のもので、大西秀明監督による東映制

作の映画作品です。本作で里見浩太郎(当時21才)が主演として1番最初に名前がでてきますが、実際には

脇役的存在で、劇中では美剣士で歌を披露したりアイドル的な扱いになっているようです。


里見浩太郎の芸能界入りは、静岡の高校を卒業後上京し20才の時まで築地の魚市場で働いていましたが、

東映の第期ニューフェイスに合格し東映に入社しました。

当時の東映は、東京は現代劇、京都は時代劇とはっきり分かれており、「東京に行くか、京都に行くか自分で

決めなさい」と言われた時、里見浩太郎は時代劇が好きだったので、すかさず「京都に行きたい」と答えたそう

です。しかし、初めて羽二重を付けカツラをかぶった自分を鏡で見て、「しまった、なんで京都なんて言ったんだ

ろう」と思ったそうです。「まったく自分では無く、間が抜けており、ああこれはもう駄目だ」と後日談で語っていま

す。しかし、その後、映画やテレビで数多くの時代劇に出演し、時代劇俳優の地位を不動のものとして、今では

“時代劇の大御所”とまで言われています。


「神州天馬侠」のストーリー上は武田伊那丸役の沢村精四郎(現、沢村藤十郎)が主役で当時14才、この映画

がデビュー作でした。(沢村精四郎、関連:「猿飛佐助」「紅孔雀」めんこコーナー参照)


出演、巽小文治/里見浩太朗、武田伊那丸/沢村精四郎、加賀見忍剣/五味勝之介、木隠竜太郎/尾上

鯉之助、鞍馬の竹童/植木基晴、咲耶子/円山栄子、山県蔦之助/南郷京之助小幡民部/小柴幹治、

穴山梅雪/瀬川路三郎和田呂宋兵衛/吉田義夫、果心居士/薄田研二、徳川家康/柳永二郎、根来小

角/中村歌之介、美登利/高島淳子、丹羽昌仙/堀 正夫 、轟伝内/小田部通麿、武田勝頼/立松 晃、

竜巻九郎右衛門/青柳竜太郎 、 他。


また、テレビでは、1961年7月〜1961年12月まで全26回、長岡秀幸主演による「神州天馬侠」がフジテレ

ビで放映されました、この中で“泣き虫蛾次郎”役を演じていたのが佐藤蛾次郎で、この年、日本電気技術専

門学校に入学したばかりでしたが、この出演を切っ掛けに芸名を佐藤蛾次郎とし専門学校を中退して俳優の

道に進みました。以降、山田洋次監督に見い出され「寅さんシリーズ」に出演することになります。


1967年6月〜1967年12月には、松竹(テレビ室)製作、黒田 賢主演による「神州天馬侠」全29回が、朝

日放送で放映されました。


絵物語としても、「おもしろブック」(少年ブック)に吉川英治・作、大城のぼる・絵で1955年1月〜1955年12

月まで連載されています。

 

戻 る
inserted by FC2 system