力道山 他

 

 力道山

日本で初めてプロレスの公開試合がテレビ中継されたのは、1954年2月の力道山・木村政彦対シャープ兄弟の

タッグマッチで3日間に亘り中継され、全国53ヶ所に設置された街頭テレビには多数の観衆で埋め尽くしプロレス

試合に熱狂しました。これで一躍、力道山の人気が爆発し、以後国民のヒーロー的存在となりました。

また、テレビが日本に普及したのは、力道山の試合が観たかったからとも言われており、如何に力道山の人気が

高かったかが分かります。


力道山は1924年11月に朝鮮半島で生まれ、本名は金信洛。1940年、相撲の二所ノ関部屋に入門、1949年

5月場所に於いて関脇となるが、翌年の1950年大関取りが懸かった9月場所前に突然相撲界から引退。百田の

戸籍に長男として入籍し百田光浩となる。この突然の引退は「横綱になれるのは日本で生まれた力士だけ」と聞

かされた事が原因とも、師匠二所ノ関との対立があったとも言われていますが詳細は不明のままです。(相撲界

での成績は、幕内通算11場所、75勝54敗。弟弟子には初代若乃花がいます)


1951年10月プロレス慰問興行のため来日中の、当時ハワイの英雄として売り出し中であった日系二世プロレス

ラーハロルド坂田(トシ東郷)と知り合いプロレスに誘われプロレス界入りを決意。

1952年2月力道山はハワイ興行に参加。同年6月米国本土を転戦し通算295勝5敗の成績で知名度を上げ、

翌年の1953年力道山は帰国し、後援会長の新田新作を社長に日本プロレス協会を設立。

以降、プロレス界に尽力し、獲得したタイトルは、日本ヘビー級王座、世界タッグ王座、WWA世界ヘビー級王座、

インターナショナル・ヘビー級王座、アジアヘビー級王座、アジアタッグ王座、ハワイ太平洋タッグ王座などがあり

ます。

力道山のリングでの闘いは、白人レスラーと東洋人の体格差があるにも拘らず互角に闘い、しかも白人レスラー

が何度反則をしても力道山は決して反則をせず、必殺の空手チョップの連打をあびせ、屈強なレスラーをなぎ倒

す勝利に観衆は熱狂し、戦後の敗戦国の民衆に夢と希望を与えました。

残念ながら現役中であった1963年12月、遊興中の赤坂のナイトクラブで暴漢に刺され死去、享年39歳。戦後

の昭和期を駆け抜けた国民のヒーローとして功労を称えられ日本プロレス界の父と言われています。


 

関取時代の力道山(参考写真)

 

戻 る
inserted by FC2 system