鉄腕アトム 【実写】

 

 鉄腕アトム【実写】

手塚治虫原作の漫画を松崎プロダクションの製作により、実写版TVドラマとして1959年3月〜1960年

5月まで全65回フジテレビ系列で放映されました。

第1部 「ZZZ団の巻」、第2部 「メキシコの巻」、第3部 「フランケンとアトムの巻」、第4部 「アトム火星

へ飛ぶの巻」、第5部 「気体人間の巻」の5部作で、各1部13話構成、全65話となっております。


出演、鉄腕アトム/瀬川雅人、お茶の水博士/田中明夫、森野五郎、田鷲警部/寄山弘、北川国彦、倉

田地三、四部垣/根岸一正、ダマ夫/中川三男、ヒゲオヤジ/富永一郎、隼探偵/根岸弘子、パパ/清

水金一、ママ/若原春江、中村課長/中江竜介、健二/米田一、カール/ニッキー久保田、一本足/高

橋正夫、スケルトン/ジャック・アルデンパイ、ミッシェル/S・アルデンパイ、スフィンクス/杉村有三、カニ

男/牧信夫、ランプ/松山浩二、ジェットマン/永久保一男、仙造/高峰龍三、レフト/瀬戸朗、サパタ秘

書/荒井勲、サパタ夫人/入江たか子、アンペア/三鬼弘、スパルタ博士/三鬼弘フランケン/羅生門

、スカンク/赤羽茂、コンク/龍断四郎、ルソー/小林正、ケチャップ大尉/三鬼弘、宇宙人/森幸太郎、

蛭間博士/木南清、気体人間/和田勇、坂本新兵、山田圭介、健治/伊藤清、天馬博士/田崎潤、他。


第1部の製作は三笠映画と松崎プロダクションの共同製作で、アトムのコスチュームは、プラスチック製の

パーツを着け原作に近いものでしたがスマートさに欠け、あまり評判がよくありませんでした。また、このコ

スチュームの下には、とっくりのセーターを着るためかなり暑く、コスチュームを装着するのにも1時間近く

掛かり、かなり大変だったようです。 


第2部以降、松崎プロダクションの単独製作となり、アトムのコスチュームも新たなもの(上記掲載めんこ

のコスチューム)に変更され見た目にも良くなり、また動きもスムーズで好感度が上がりました。

アトムが空を飛ぶシーンの撮影には、人形を使ったり、アトムが立った姿を映し、その画像を横にして空と

合成したりと、かなり苦労のあとが窺えますが、当時のテレビドラマとしては好評で再放送もされました。


しかし、人気作となったものの手塚治虫は「原作のイメージとかけ離れている」と満足せず、4年後の国産

初のテレビアニメ「鉄腕アトム」の制作に繋がったと云われています。

 

戻 る
inserted by FC2 system