若ノ花物語 土俵の鬼

 

 若ノ花物語 土俵の鬼

初代若ノ花が自ら主演した伝記映画で、日活の製作により1956年12月27日劇場公開されました。当時

、子供たちに絶大な人気があった大関時代の若ノ花の半生を映画化したもので、若ノ花の青年時代を青山

恭二が演じ、入幕後からは若乃花自身が登場します。稽古場面や本場所の実写映像も挿入され、見ごたえ

のある映像に仕上がっているようです。


出演、
若ノ花勝治/若ノ花(大関本人)、若ノ花の青年時代/青山恭二、若ノ花香代子(勝治の妻)/北原

三枝、若ノ花勝雄(勝治の長男)/小田野高久、花田宇一郎(勝治の父)/澤村國太郎、花田きえ(勝治の

母)/田中筆子、横手大五郎(横手山)/衣笠一夫、横手の青年時代/吉田光男、横手の妻/若原初子、

花籠親方(元大ノ海)/坂東好太郎、花籠親方の妻/広岡三栄子、香代子の母/菊野明子、峰ノ越未亡人

/新井麗子、男岩(元力士)/天草四郎、淀ノ海(元力士)/相原巨典、小橋老人/冬木京三、看護婦/高

 友子、新聞記者/弘松三郎、昭錦/黒田 剛、アナウンサー/志村正順、勝治の弟/若 緑、勝治の妹

/津田朝子、他。


あらすじ

昭和二十一年、北海道室蘭市で沖仲士をしていた花田勝治は、二所ノ関部屋の大ノ海に見込まれ相撲界

に入った。一家の大黒柱である勝治は七人の弟妹を抱え一たんは断ったのだが、母きえの理解は遂に勝

治の希望を満した。二所ノ関部屋の稽古は凄じかったが、若ノ花の四股名を貰った勝治は精進を続け、二

十五年には早くも入幕、初場所で敢闘賞を得た。その頃、大ノ海は独立して花籠部屋を設立したが、ある日、

若ノ花は大ノ海の泊っている峰ノ越旅館を訪れ、そこで峰ノ越未亡人の姪香代子と知り合った。やがて二人

は皆の祝福のうちに結婚、その後も若ノ花は躍進を続け、二十九年関脇、三十一年大関、その夏場所には

宿願の優勝杯を手にした。香代子との間に一子勝雄をもうけ、若ノ花は幸福の絶頂にあった。ところが、勝

雄が不意の事故で死んだ。愛児の死は若ノ花に大きな打撃を与えた。絶望の若ノ花は秋場所を前に、家に

閉じこもり珠数を首に瞑目を続け、土俵に上る気もないようであった。遂に初日が来た。仏壇の前に坐り込ん

だ若ノ花の前には、ファンの激励の手紙が山と積まれていた。その中に、ふと若ノ花は、苦労を共にした相弟

子の横手山の手紙を見つけた。封を切ると中から横手山の子供の手紙が現れた。「勝雄ちゃんのお父さん

必ず勝って下さい」という、たどたどしい手紙に若ノ花は敢然立上った。土俵に上った若ノ花の働きは目覚しく、

連日白星を重ねた。だが十三勝をあげ横綱を目前にした若ノ花に再び悲運が見まい、彼は高熱に倒れた。

大ノ海は涙を呑んで休場届を出した。数日後、活気の溢れる花籠部屋に、若ノ花は力強く四股を踏む。顔に

来場所への闘志を漲らせて。(あらすじ、goo 映画より抜粋)


若ノ花はこの映画が撮影された1956年の5月夏場所に12勝3敗で初優勝しましたが、横綱をかけた同年

9月秋場所前に長男がちゃんこ鍋をかぶって火傷で亡くなるという悲運に見舞われ、秋場所後の映画撮影で

は息子の死を自ら再現することになってしまいました。それから2年後の3月春場所に30歳で横綱となり、横

綱通算成績254勝66敗1分 、通算10回の優勝を成し遂げ惜しまれながらも1962年5月、34歳で引退し

ました。


上記掲載めんこは、当時の映画館で子供に配られた物と思われますが詳細については分かりません。めんこ

の裏面には、「頑張れ!僕等の若ノ花 !!」、「明日の横綱待ってるぞ !!」と印刷されています。


当時は、お正月映画全盛で、この年の日活のお正月映画は、第1週、1956年12月27日〜「若ノ花物語、土

俵の鬼」、「人間魚雷出撃す」(出演:石原裕次郎、葉山良二、長門裕之)。第2週、1957年1月3日〜「川上哲

治物語、背番号16」(同めんこコーナー参照)、「お転婆三人姉妹、踊る太陽」(芦川いずみ、浅丘ルリ子、石原

裕次郎)。第3週、1957年1月10日〜「哀愁の園」(南田洋子、葉山良二、芦川いずみ)、「浮草の宿」(春日

八郎、二谷英明、安部徹)となっており、昔の映画は2本立てが一般的でした。

翌年からは石原裕次郎の「嵐を呼ぶ男」が上映され、以降、石原裕次郎のお正月映画が定番化して行きます。


 

戻 る
inserted by FC2 system