隠密剣士

 

 隠密剣士

「隠密剣士」は、「月光仮面」、「豹の眼」を製作した宣弘社、監督も同じ船床貞男、主役も大瀬康一による

作品で、大瀬康一にとっては3度目の主役の座でした。放映は1962年10月〜1965年3月まで全10部

128話を東京放送(現TBS)により放映されました。


出演、秋草新太郎/大瀬康一、霧の遁兵衛/牧冬吉、風魔小太郎/天津敏、周作/大森俊介、鬼場陣

十郎/勝木敏之、その他出演者/小林重四郎、三島 謙、石川竜二、灰地 順、種村正、梅沢薫、安田

隆久、森正樹、橋田勝、吉田義夫、中野 宏、森下 明、岩井錦吾、川口武夫、切詰武久、木南清、友田

輝、陶 隆、北見治一、里木三郎、宮久井一朗、赤尾関三蔵、川部修詩、西朱 実、立花伸定、佐藤公明

、小浜幸夫、伊藤智章、清家丹三、林 寛二、大竹タモツ、瑳川哲朗、他。


大瀬康一の初主演「月光仮面」当時21歳から4年後の25歳〜27歳の主演でしたが、当初、時代劇は初

めての演出で剣術は不慣れでしたが猛練習により有段者の太刀さばきといわれるほどになったそうです。

「隠密剣士」は、宣弘社の「恐怖のミイラ」(1961年7月〜10月日本テレビ放映)に次ぐ作品で、宣弘社に

とっても時代劇の製作は初めてでした。第一部は本格的な時代劇を目指しましたが人気上がらず視聴率

が低迷、そこで第二部より忍者路線に変更、これがヒットし忍者ブームに火が付きました。毎回登場する

特異な数々の忍者に対し苦戦しながらも最後には勝利を収める大瀬康一演じる秋草新太郎に子供ならず

も大人までも引き込まれ、家族で楽しめる一大娯楽時代劇へと変貌し全128話の長期に亘る人気番組と

なりました。

また、この「隠密剣士」には、「快傑ハリマオ」で主役であった勝木敏之が、悪役で松前藩の鬼場陣十郎役

として出演しています。

大瀬康一の「隠密剣士」シリーズは最盛期には40%近い高視聴率を記録しましたが1965年3月で終了し

、引き続き林 真一郎の「新・隠密剣士」がスタート。牧 冬吉の霧の遁兵衛は継続して登場しましたが、前作

ほど人気を得ることはできませんでした。そして、その8年後にはリメイク版の「隠密剣士 突っ走れ」荻島慎

一主演を放映、「新・隠密剣士」の視聴率低迷を挽回すべく怪奇アクション色を強め、近代兵器も登場させ

ましたが、すでに忍者ブームは過去のものとなっていました。


あらすじ、第11代将軍家斉の腹違いの兄である松平信千代が、秋草新太郎と名乗り、公儀隠密として日

本各地を巡る旅をします。第一部は蝦夷篇で幕府の財政建て直しのため、老中松平定信から豊かな産物

を有する蝦夷地を調べる依頼を受け蝦夷地へ向かいますが、行く手を松前藩の懐刀・鬼場陣十郎が秋草

新太郎の命を狙うべく待ちうけています。第二部からは幕府安泰を脅かそうとする忍者との数々の闘いが

繰り広げられることになって行きます。


その後、大瀬康一の「隠密剣士」は、「ザ・サムライ」というタイトルで海外でもヒットしオーストラリアや東南

アジアで絶大な人気を集めたそうです。

大瀬康一が1965年にオーストラリアのメルボルン空港に降り立った時には、前年に訪れたビートルズよ

りも出迎えのファンが多かったとのことでした。


 

戻 る
inserted by FC2 system