名犬アレックス

 

 名犬アレックス

「名犬アレックス」は、松竹制作のテレビ番組で1960年7月から1960年9月までフジテレビ系で放映され

ました。警察犬物語のテレビドラマ化と言うことで警察犬を子供達に広く伝えたいとの期待感もあり、当時は

「警視庁後援」となってますが、放映期間は週1回30分で2ヶ月間の全10回放送で終了しているようです。


原作は樫原一郎で、大野きよしの漫画でも小学館の「小学二年生」・「小学五年生」などに掲載され、また

榎本有也の漫画では月刊漫画雑誌「少年ブック」の付録にもなっています。


出演、清水 徹、井上正彦、大塚君代、寺岡孝二、池月秋雄、新島 勉、他


あらすじは、犯罪捜査の陰で活躍する警察犬のスリルとアクション、そして少年との間に結ばれた深い愛情

の物語です。

主演の清水 徹の俳優としての記録は無く、調べた限りでは1959年9月テレビドラマ「横綱若乃花」に子役

として出演。1960年8月「ナショナルキッド」に少年探偵グループの大谷蔵三役として出演しています。


 

戻 る
inserted by FC2 system