天兵童子

 

  天兵童子

「天兵童子」は1937年(昭和12年)9月〜1940年(昭和15年)4月まで雑誌「少年倶楽部」に連載された

吉川英治原作の少年向け時代小説です。その後、日活の製作により1941年5月宗春太郎主演の「天兵

童子」第1話(幼き英雄)〜「天兵童子」第4話(甦る力)の四部作が劇場公開されました。


しかし、この年の12月日本は真珠湾攻撃を行い日米開戦に突入、日活は戦時企業統合により業績の良

かった配給部門だけを残し製作部門は大映(大日本映画製作株式会社)に吸収され映画製作からは一旦

撤退を強いられました。その後日活が映画製作を再開できたのは戦後の1954年(昭和29年)の時でした。


1955
年には東映京都撮影所の製作により再映画化され、6月21日「天兵童子」第一篇(波濤の若武者)、

6月28日「天兵童子」第二篇(高松城の密使)、7月5日「天兵童子」完結篇(日の丸初陣)の三部作を東映

が劇場公開しました。

掲載のめんこは、この時の映画化された主役伏見扇太郎のもので、伏見扇太郎はこの年がデビューの年

でもありましたが9作品に出演しています。


出演 :天兵童子/伏見扇太郎、小百合/千原しのぶ、千尋/星美智子、銅八/市川小太夫、南木菩提次

/原健策、石川車之助/堀雄二、馬蝿のぶん助/中野雅晴、河童の弥太郎/津村礼司、片目の目加市/

楠本健二、茨木の石丸/舟津進、とんがりちょっ平/谷俊夫、足助孫六/大文字秀介、宇佐大八/大丸巌

、羽柴筑前守/宇佐美淳也、清水長左衛門宗治/岡譲司、黒田官兵衛/高松錦之助、加藤虎之助/原京

市、福島市松/島田秀男、牢番与吾六/水野浩、腰元/赤木春恵、他


<ストーリー>

◇第一篇・波涛の若武者:青江灘の漁師銅八と娘千春は、ある日、浜辺に打上げられた天兵童子という少

年を救った。元気になった彼は役人宇佐大八に見つかり足軽相手に暴れ、不思議な武士南木菩提次に助

けられた。天兵は彼の弟子にしてくれと頼んだが、菩提次は麻の実を与え、これを蒔いて百二十日の間、

その上を飛べと言って去った。一心に飛びつづけて百二十日、天兵は今や二間近くも伸びた麻を軽く飛び

こすようになっていた。再び大八に追われて逃げる途中、千尋と再会したが、彼女は備州高松城へ行けと

言って又も別れ別れになる。都へ出た天兵は途中小百合と知りあった。彼女は誰か人を探して歩いている

らしかった。高松城へ行く途中、天兵は盗賊石川車之助に一味に加わる事を誘われたが奮然としてこれを

拒否し、彼の部下に取りかこまれた。


◇第二篇・高松城の密使:かなわずと見た車之助は、突如何かを投げつけると、黒煙が立ちこめ天兵は気

を失った。そして車之助に五条の橋にさらされ、役人の手に捕われ牢内で責められた。羽柴秀吉の腹心で

敵状をさぐっていた菩提次は、秀吉の軍勢と共に高松城へ向い、千尋は城内で働いていた。父の銅八とは、

実は高松城主清水宗治の兄だったのだ。牢内の天兵は牢番与吾六をいつわって脱出したが、与吾六は車

之助一味になっている伜ぶん助の甦生を頼み身を以って彼を逃がしてくれた。高松城へ向う天兵は、ぶん

助にめぐりあって与吾六の最後の言葉を伝えると、彼は涙ながらに更生を誓った。二人は秀吉の軍勢に追

われ、淀の川中にある荷船に助けられる。それは高松城へ食糧や武器を送る銅八の船で、小百合も男に

扮して乗りこんでいた。舟は城近くの川岸に着き、山道を城へ向う途中、車之助に発見され、その注進で秀

吉勢に追われる。乱闘のうち、小百合の探す兄が車之助であると知った天兵は、誤って谷底へ転落した。

車之助は天兵の名をかたって城内に入り、城に火を放つ役を買って出た。


◇完結篇・日の丸初陣:天兵は幸い菩提次に救われて高松城へかけつけたが、車之助は銅八を射殺し総

攻撃の狼火を上げていた。だが落城は免れ、天兵と千尋は無事だった。城は秀吉の水攻めにあい、天兵

は小早川、吉川の援軍を求めるため濁流を泳ぎ渡ったが菩提次に捕えられる。其時本能寺で信長が明智

光秀に殺され、菩提次は天兵をつれて軍使として高松城内に行き、主君毛利家安泰のため城主宗治に切

腹を命じた。千尋は宗治に殉じようと身を投げたが天兵に救われる。車之助は千尋を連れ去ろうとし、ぶん

助はそれを妨げようとして車之助に殺された。天兵が危機に陥った時小百合は身をもってかばい、車之助

に斬られて重傷を負ったが、その瞬間、天兵はついに車之助を斬り倒した。千尋は小百合を助けながら、

天兵が立派な人間になるまで待つと誓う。天兵は菩提次との約束通り、秀吉から貰った日の丸の旗をなび

かせつつ、秀吉軍に参加するため急ぎ去った。

(ストーリーgoo映画より)


テレビ放送では、関西テレビと宝塚映画制作により桜木健一(当時16才)主演の「天兵童子」を1964年9

月12日〜1965年5月1日まで放映しました。

このテレビドラマには土田早苗(15才)、火野正平(15才)、伏見扇太郎、松山容子らが出演しています。

この時の桜木健一は、本名の宮土尚治で出演しており、桜木健一の芸名を名乗るのは5年後のTBS系列

テレビドラマ「柔道一直線」に主演することになった時からです。


「柔道一直線
」は、前番組の「妖術武芸帳」が低視聴率により1クールで打ち切りとなり、その穴埋め番組と

して、急遽13話完結の予定でスタートしましたが、平均視聴率が23%と予想外の大ヒットで、制作が延長

され92話と変更になりました。この間の桜木健一と、相手役の吉沢京子のブロマイドは、ともに売上げ1位

のまま3〜4年間続いたそうです。また、本作品により、柔道ブームが起こり柔道入門者が急増し、講道館

より感謝状が贈られたそうです。この時に作られた「柔道一直線」の角めんこを次に掲載しましたのでご覧

下さい。

話はそれましたが、漫画としての「天兵童子」は1955年「小学五年生」5月号・6月号付録と「小学六年生」

3月号付録の三セットで完結。原作は同じ吉川英治、漫画家は三町半左。その他にも矢野ひろしの連載ま

んがなどもありました。

柔道一直線

 

 

戻 る
inserted by FC2 system