天下の暴れん坊 猿飛佐助

 

 天下の暴れん坊 猿飛佐助

東映が沢村精四郎(現 沢村藤十郎)当時17歳を主役に抜擢しテレビ用に製作された忍者時代劇で、

テレビ朝日が1961年1月〜1961年6月まで全26回テレビ放映し好評を博しました。

東映は引き続き、沢村精四郎主演による「新諸国物語 紅孔雀」1961年8月〜1962年4月全39回、

「白鳥の騎士」1962年7月〜1963年3月全26回を立て続けに製作し、同じくテレビ朝日によりテレビ

放映されました。

出演 : 猿飛佐助/沢村精四郎(現 沢村藤十郎)、真田幸村/大村文武、三好清海入道/山口 勇、

小百合/三沢あけみ、その他出演者、三島良二、秋山 敏、森 純子、岩上 瑛、高原秀磨、向 精七

、星  徹、当麻興次、日尾孝司、桜井基男、萩 京子、他。


沢村精四郎は、八代目 澤村 宗十郎の次男として生まれ、1957年 歌舞伎座で「仮名手本忠臣蔵」の

一力娘お久で澤村精四郎(さわむら きよしろう)を名乗り初舞台、当時13才。翌年の1958年東映に

移籍し「神州天馬侠」で主演デビュー。東映制作の映画やドラマに出演したのち、1964年 20才の時

に歌舞伎界に復帰。1969年には第19回芸術選奨新人賞を受賞し、1976年 二代目澤村藤十郎を

襲名、歌舞伎界では父親同様 女形として活躍しました。


このテレビ時代劇に小百合役で三沢あけみが出演しています、当時16歳(写真めんこ参照)。三沢あ

けみは、このテレビ出演2年前の1959年に東映のニューフェイスに14歳で合格し、翌1960年5月〜

1960年12月までテレビ朝日のテレビ時代劇「笛吹童子」で北大路欣也の相手役として女優デビュー。

その後映画にも出演、1963年にはビクターレコードより歌手デビューし「島のブルース」が大ヒット、第

5回日本レコード大賞新人賞を受賞、NHK紅白歌合戦には5回出場しました。演歌歌手を本業とする

ため東映を退社しましたが、映画やドラマにその後も出演し、歌手として現在も芸能界で活躍中です。

 

戻 る
inserted by FC2 system