忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻

 

  忠臣蔵 桜花の巻 菊花の巻

「忠臣蔵」は吉良邸討ち入り事件の4年後の宝永3年(1706年)に、この事件を題材とした人形浄瑠璃「碁

盤太平記」が竹本座で上演されたのが始まりとされ、以降、浄瑠璃・歌舞伎の人気題材となり数作品が作ら

れました。

しかしこの時代は江戸幕府から同時代の武家社会に対する事件を上演することは固く禁じられていた為“忠

臣蔵物”は舞台を別時代とし登場人物も他の歴史上の人物に仮託して上演しなければなりませんでした。


明治以降は幕府への配慮が不要となったため登場人物なども実名で上演することができるようになりました

が、第二次世界大戦後の連合国占領下では、厳しい言論・思想統制が行われ日本国内での報復運動の高

まりを恐れ『忠臣蔵』事件を題材とした作品は封建制の道徳観が民主化の妨げになるとして、当事件を題材

とした作品の公演、出版等が禁止されました。その後、1947年11月に条件付きで歌舞伎「仮名手本忠臣

蔵」が解禁となり東京劇場で復活上演され初日から満員御礼で切符を求める客が殺到しました。


「仮名手本忠臣蔵」(かなでほんちゅうしんぐら)は人形浄瑠璃・歌舞伎の代表的名作で、『赤穂四十七士』を

『いろは四十七字』にかけて「仮名手本」とし、歌舞伎の人気が衰えた時に興行すると必ず客足が戻ってくる

と言われるほどの大ヒット作です。


事実上の解禁は、1952年4月にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本が主権を回復してからです。

こうした変遷の中で、「忠臣蔵」は、歌舞伎・人形浄瑠璃・映画・テレビドラマ・小説・評論など様々な分野で

取り上げられましが、映画においては日本の映画史上で最も多く作られた作品の一つではないでしょうか。


その中でも「忠臣蔵」を一番多く製作したのが東映であり、この「忠臣蔵」桜花の巻・菊花の巻の二部作は東

映の同題材では、かなりの自信作で期待度も高かったようです。東映オールスターキャストで時代劇の東映

がその最全盛期に総力を結集し製作したもので、当時としては桁外れの5億円もの巨額を投じたと云われる

大作です。監督も東映の中では時代劇を撮らせては当時ナンバー1と言われた松田定次監督を起用してい

ます。

掲載のめんこは映画館で入館者に配られたものと思われますが、主な配役を写真めんこにして配ったのも

期待度の表れではないでしょうか。(3枚しか無いのが残念です)

1959年1月15日劇場公開された「桜花の巻」は浅野内匠頭の刃傷でお家断絶となった大石内蔵助が赤

穂城を去るまでを、「菊花の巻」では内蔵助ら浪士が吉良邸討ち入りまでを描いてます。この「忠臣蔵」は二

部構成(3時間)とはなってますが劇場では一挙公開されました。


出演 : 大石内蔵助/片岡千恵蔵、堀部安兵衛/大友柳太朗、浅野内匠頭/中村錦之助、戸田の局/

長谷川裕見子お幸千原しのぶ糸路/丘さとみ内匠頭夫人/大川恵子おかる桜町弘子初音

太夫/花園ひろみ主水高島淳子玉乃円山栄子青柳太夫雪代敬子小桜太夫喜多川千鶴

、浦路星美智子白菊太夫花柳小菊りく木暮実千代岡島八十右衛門 /東千代之介原惣右衛

宇佐美淳也片岡源五右衛門原健策三村次郎左衛門加賀邦男小野寺十内沢村宗之助

横川勘平小柴幹治菅野三平片岡栄二郎赤埴源蔵徳大寺伸おとわ松浦築枝清吉星十

久兵衛杉狂児長吉堺駿二多右衛門榎本健一おたか美空ひばり上杉綱憲中村賀津

早水藤左衛門尾上鯉之助前原伊助南郷京之助矢頭右門七沢村精四郎お空植木千恵

、大三郎植木基晴大石主税北大路欣也綱吉里見浩太郎岡野金右衛門大川橋蔵千坂兵

山村聡土屋相模守市川小太夫梶川与三兵衛 /阿部九州男柳沢吉保三島雅夫荘田下総

加藤嘉清水一学清川荘司鈴木元右衛門吉田義夫田村右京太夫石井一雄小林平八郎

/岡譲司大野九郎兵衛柳永二郎多門伝八郎小沢栄太郎吉田忠左衛門大河内伝次郎堀部

弥兵衛薄田研二不破数右衛門山形勲吉良上野介進藤英太郎橋本平左衛門月形龍之介

脇坂淡路守市川右太衛門


映画全盛時の映画館の数は1960年で7,457館、入場者数はそれに先立つ1958年に約11億人を記録

しており、昭和30年代前半の日本の総人口は9千万人強でしたから、生まれたての赤ん坊から老人までひ

っくるめて、当時の日本人は月1回ペースで映画を観ていたことになります。

1960年当時、映画館の入場料は平均72円、ラーメンが45円、コーヒーは60円、たばこのハイライト1箱

は70円。地方から就職列車で上京した「金の卵」たちが休日を過ごすうえでも、映画は決して高くない娯楽

でした。

その中でも、「遠山の金さん」の片岡千恵蔵、「旗本退屈男」こと市川右太衛門、「鞍馬天狗」「若さま侍」「丹

下左膳」「里見八犬伝」など数多くの人気シリーズを抱えた東映時代劇は娯楽の中心でした。

映画界全体の興行収入のうち約8割を邦画が占め、その中の4割が東映作品。その7割以上が時代劇だっ

たそうです。週替わりで2本立ての映画興行を行っていた東映は、まさに時代劇がドル箱。東映が1955年

〜1964年に製作した時代劇映画は684本に上りました。


そうした中、この「忠臣蔵」桜花の巻・菊花の巻二部作は1959年の時代劇映画全盛期の作品であり、映画

館の入場料が72円の時代、5億円もの製作費がいかに巨額であったかが分かります。

また、この当時の映画上映は2本立てが常識でしたが「忠臣蔵」二部作は集客力を見込み2本立て用として

製作され一挙に劇場公開したのも自信の表れではないでしょうか。


この時代は東映に限らず、日活、東宝、新東宝、大映、松竹の「邦画6社」はみな、我が世の春を謳歌し、

時代劇終焉がくるのを誰もが予想もしなかった時代でした。

(参考、読売新聞、昭和時代、第一部30年代)


 

戻 る
inserted by FC2 system