名犬ラッシー

 

 名犬ラッシー

1938年アメリカの週刊誌サタデー・イブニング・ポストに掲載された短編「名犬ラッシー 家路」( Lassie

Come-Home)が始まりで、1940年にはイギリスで小説として単行本が出版されました。


出版された小説はベストセラーとなり、1943
アメリカで映画化が実現、「名犬ラッシー 家路」(エリザ

ベス・テイラーが公爵家の孫娘役として銀幕デビュー)が作られ、以降、1951年の「名犬ラッシー 彩ら

れた丘」まで、併せて6篇の“ラッシー”シリーズが制作され劇場公開されました。


また、アメリカのテレビドラマとしても1954年〜1974年にかけて制作され、このテレビドラマは日本で

「名犬ラッシー」(提供:ミツワ石鹸)、「新・名犬ラッシー」(提供:ハウス食品)、として1957年11月〜

1966年4月までTBS系列で放映され人気を博しました。

その後、1975年1月〜1976年3月までフジテレビ系列でもエミー賞受賞作品「新・名犬ラッシー」を放

映しています。


原作オリジナル「名犬ラッシー 家路」の内容は、イギリスのヨークシャーに住む幼い少年の一家が経済

的に困り、飼っていたコリー犬のラッシーを裕福な公爵に売り渡しますが、3度の脱走を図り戻って来ま

す。そこで公爵は800キロも離れたスコットランドの城につれて行きますが、公爵の孫娘シーラはラッシ

ーが帰りたがっている思いに耐え切れず門を開け逃がします。そしてラッシーの、少年の居る故郷へと

家路を辿る長い苦難の旅が始まります。

しかし、その後に作られたテレビドラマ「名犬ラッシー」は、原作から離れ、賢く愛らしいコリー犬が飼い

主一家と日常生活の中で様々な問題に立ち向かい解決して行く、と云う内容に変わりました。

このように名犬ラッシーの映画やテレビドラマは数多く作られ、コリー犬の“ラッシー”は世界で最も有名

な犬の名前となりました。

なお「Lassie」の意味はスコットランドの方言で「娘、少女、お嬢さん」の愛称的な言葉なので、雌の犬に

付ける名前だそうです。

ハリウッドのウォーク・オブ・フェームの星には、名犬ラッシー、名犬リンチンチン、名犬ストロングハート

(無声映画時代のスター犬)の3頭の名が刻まれています。


 

戻 る
inserted by FC2 system