わんぱく王子の大蛇退治

 

 わんぱく王子の大蛇退治

東映動画スタジオの長編アニメ映画第6作目「わんぱく王子の大蛇退治」は1963年3月に劇場公開され、

アメリカでも1964年にThe Little Prince and The Eight-Headed Dragon」の題名で公開されました。

この作品は国内外で評価が高く、国内では「毎日映画コンクール、大藤信郎賞」を受賞し、海外では「ベニス

国際映画祭児童映画部門、青銅賞」を受賞しました。

出雲神話を題材にした本作では、作画の絵柄統一を図るための作画監督制度が初めて採用され、様式化

された美しい画面、統一のとれた動きなどによって描きだされた画像は本格的な長編アニメ映画として大成

功を収めました。

この作品の制作費は7千万円・スタッフ180名と、これまでの東映動画制作による長編アニメ映画に比べ、

かなりの力の入れようで作画枚数25万枚、絵の具1トンを使用したそうです。

また、大塚康生と月岡貞夫が半年かけて作画した八叉の大蛇(ヤマタノオロチ)と天早駒(アメノハヤコマ)に

またがるスサノオの空中戦は300カット、動画1万枚を超え、この名場面は日本アニメーション史上に残る

名作として高い評価を受けました。


わんぱく王子の大蛇退治のストーリー>

スサノオのお母さんが死んで黄泉の国へ行ってしまった。が、スサノオにはこのことがどうしても納得が行

かない。そこでその”黄泉の国”が海の向こうだと聞いて船を作って、海に乗り出すことにした。お供はウサ

ギの赤鼻だ。まず、夜のオス国の兄のツクヨミに会い、ついで、高天原の姉のアマテラスに会ってお別れを

言うことにする。しかし、ツクヨミもアマテラスも、スサノオに母のいる国への道を教えてはくれなかった。ア

マテラスのすすめで高天原で働くことにしたスサノオであったが、失敗が重なって、とうとう追い出されてし

まう。出雲の国へやってきたスサノオは、そこでクシナダ姫に会い、ヤマタノオロチを退治した。かくして、

スサノオの新しい国作りが始まる。(東映アニメーションより)


スサノオ役の声優住田知仁(本名であり旧芸名)は「安寿と厨子王丸」と同じく風間杜夫で13歳の時でした。

風間杜夫は子役の9歳の時より日本映画史に名を残す名監督の東映作品に多数出演し、小学校5年生の

時には学校にも行かず1年間京都の撮影所に行きっぱなしで、少年雑誌の表紙を飾るほどの売れっ子だっ

たそうですが、中学で一時子役を辞め、その後「風間杜夫」の芸名で銀幕デビューしたのは1972年の日活

ロマンポルノで当時23歳の時でした。風間杜夫のロマンポルノ時代は1年間に13本も出演し4年間の日活

ロマンポルノでは何作出演したが定かではありませんが、子役時代とロマンポルノでは大きな乖離があった

と思われ、そうした変遷が生き方を強くするもので、その後の映画「蒲田行進曲」で日本アカデミー賞最優秀

助演男優賞を初め3賞に輝き名俳優として開花しました。その後は数多くのテレビや映画に出演し、そして

幅広く活躍の場を広げ、舞台では文化庁芸術祭で大賞を受賞し、落語でも高座に上がっているそうです。

掲載文は「ウィキペディア」より一部抜粋。

 

戻 る
inserted by FC2 system